1. Home>
  2. 臨床工学技士国家試験とは

臨床工学技士国家試験について

日本メディカル福祉専門学校臨床工学科校舎

医療系専門職「臨床工学技士」は臨床工学技士法に基づく国家資格です。国家資格取得のためには国家試験に合格する必要があります。国家試験の内容は臨床工学技士法施行規則第10条に規定されています。

  1. 医学概論(公衆衛生学、人の構造及び機能、病理学概論及び関係法規を含む。)
  2. 臨床医学総論(臨床生理学、臨床生化学、臨床免疫学及び臨床薬理学を含む。)
  3. 医用電気電子工学(情報処理工学を含む。)
  4. 医用機械工学
  5. 生体物性材料工学
  6. 生体機能代行装置学
  7. 医用治療機器学
  8. 生体計測装置学
  9. 医用機器安全管理学

これらの科目が合計で180問出題されます。合格ラインは正答数108問(6割)以上です。

本学ではこの9科目を中心に医療人として必要な教養も併せて修得し、3年間で国家試験合格が可能なカリキュラムになっています。

詳細はオープンキャンパスでお伝え致します。お申し込みは下のボタンから

オープンキャンパス日程はこちら

臨床工学実習室